税金が安くなります

レーシックは自費診療ではありますが、医療行為でもあります。そのためレーシックにかかる費用は医療費控除の対象となります。

確定申告をして還付金を受け取る

医療費控除は確定申告をすることで税金の還付が受けられます。確定申告は翌年の2月16日から3月15日までの間に申告をします。

医療費控除とは

自分と生活を共にする家族が支払った医療費に適用される控除。年間の医療費が10万円を超える場合に確定申告をすることで税金の還付を受けることができます。レーシックは両眼で最安値が8万円となるので、8万円だけでは控除対象となりませんが、ご家族の方が風邪などで病院で治療を受け、合計金額が10万円を超えれば控除対象となります。

金額

その年の1月1日から12月31日までの間にかかった医療費の合計から10万円を引いた金額が控除対象の額となります。生命保険会社から手術給付金を受け取った場合はその金額も差し引きます。

例えばSBC新宿近視クリニックでプレミアムiLasikを受けたとします。手術費用は両眼で28万円(※2011年6月現在)です。その他にも医療費が全部で1万円支払ったとします。医療費の合計は29万円です。ここから10万円を引くと19万円が控除金額となります。もし生命保険会社から手術給付金が10万円出たとしたら、さらに差し引き9万円が控除金額になるのです。

手続き

医療費控除の手続きは税務署で確定申告をする必要があります。翌年の2月16日から3月15日までの間に税務署でクリニックの領収書と共に提出します。

必要書類

クリニックの領収書が必要です。その他かかった医療費の領収書も一緒に提出します。

SBC新宿近視クリニック
人気のSBCは加藤夏希さんもおすすめ。低料金+生涯保障で安心。日帰り治療やアベリーノ検査にも対応しています。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック
品川近視クリニック
業界屈指の症例数を誇る大手クリニック。実績が豊富なドクターが多数在籍。長期保障もあるので安心です。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック