メガネやコンタクトレンズよりもお得です

レーシックって高いとお考えでしょうか。現在眼鏡やコンタクトレンズを使っている場合ずっと使い続けているとトータルコストは結構割高になります。

トータルで考えるとコンタクトよりも割安

実際にコストを比較するとレーシックは決して割高ではないことがわかります。

内容 年間費用 備考
コンタクトレンズ 48,000円/年 定価4,000円/1箱6枚入りの2ウィークタイプとして想定。
眼鏡 5,000円〜20,000円/本 一番費用がかからないように感じるがずっと同じ度数の眼鏡を使い続けた場合のことで、買い替えをするたびに費用が発生する。
レーシック 80,000円〜400,000円 一度施術をすればそれ以上の費用は一切かかりません。近視の戻りが発生したとしても保証期間内なら無料で追加矯正をしてくれます。

裸眼で日常生活が過ごせる

レーシックは裸眼視力がアップするので誰しもメリットがあります。その中でも特に以下に該当する方には生活環境が向上します。

費用を抑えたい方

前述の通り眼鏡やコンタクトレンズを使い続けると維持費が発生します。金額も期間を重ねると結構バカになりません。レーシックは当初は費用がかかりますが、アフターケアが無料なので長い年月で考えるとトータルコストは安くなります。

外出や移動が多い方

出張などが多いビジネスマンの方にとってメガネやコンタクトレンズは余計な荷物になります。特にコンタクトは日々手入れをする必要があります。移動先でケアをすることは大きな負担になります。

手入れをするのが面倒くさい方

コンタクトレンズは1日使い捨てタイプでない限り毎日ケアをする必要があります。これは大きな負担ですよね。メガネも適度にクリーニングをしないと見え方が悪くなります。日々の手入れが面倒だとお考えの方はレーシックをすることでこれらの負担から解消されます。

スポーツなど屋外で働いている方

スポーツ選手など体が資本の職業の方はレーシックをすることで仕事へ好影響を与えます。コンタクトレンズのようにずれるという心配がありません。またそもそもメガネをかけられるスポーツは野球くらいですよね。裸眼視力を矯正するということは何の負担もなく仕事に集中することができます。

SBC新宿近視クリニック
人気のSBCは加藤夏希さんもおすすめ。低料金+生涯保障で安心。日帰り治療やアベリーノ検査にも対応しています。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック
品川近視クリニック
業界屈指の症例数を誇る大手クリニック。実績が豊富なドクターが多数在籍。長期保障もあるので安心です。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック